戻 る
プレビュー

年度 2017 開講期 前期 曜日 水曜日 時限 2 単位 2 コード 301
授業科目 国際環境協力論(平成26年度まで入学者向け国際環境協力論 I)
専攻 国際協力専攻
プログラム 専攻共通科目
教員 高村(環境)
目的・概要

 

  国際環境法は、環境保護を目的とした一群の国家間合意からなる発展著しい法分野であり、国際環境協力の法的枠組を提供している。この講義では、国際環境法の展開、基本的な概念と原則、国際環境法の特質といった国際環境法の基本的事項について理解を深め、それをふまえて、貿易と環境といった国際環境法の現代的諸問題について理解を深めることをめざす。

 International environmental law (IEL), an evolving branch of international law aimed at protecting the environment, has been providing a legal framework for international environmental cooperation. The class aims at deepening understanding of basic concepts and principles, features of IEL as well as various contemporary and cross-cutting issues, such as trade and environment, and human right and environment.

 


計画

講義は、邦語文献とともに英語文献を利用し、受講者の発表と討論を中心に進める。具体的な進め方は受講者と相談の後決定するが、概ね以下のような項目を順に取り扱う予定である。 1. 国際環境法ーその特質と展開 2. 国際環境法の法源と規範形成過程 3. 環境保全に関する国家の基本的権利義務 4. 国際環境法の原則 5. 環境損害の救済と責任 6. 国際環境法の履行確保 7. 国際環境法の現代的諸問題

< Contents > The main topics of the course are as follows: 1. IEL and its Historical Development; 2. Key Concepts of IEL; 3. Law making of IEL; 4. Ensuring Compliance with IEL; 5. Key Issues in Current IEL; 6. Relationship between IEL and Other Areas of International Law


テキスト・参考文献など

テキスト:松井芳郎著『国際環境法の基本原則』東信堂(2010) 参考書:P. Birnie, A. Boyle and C. Redgwell, International Law & the Environment, Third edition, Oxford University Press (2009). 他は講義で指示する。

< Course Textbook > U. Beyerlin and T. Marauhn, International Environmental Law, Hart Pub (2011) < Recommended Reference Books and Other Study Material > P. Birnie, A. Boyle and C. Redgwell, International Law & the Environment, Third edition, Oxford University Press (2009). Other materials are to be informed in the class.


成績評価

平常点(50%)、期末に提出するレポート(50%)による。受講生は、指定された日本語、英語の文献を学習し、報告し、討議に積極的に参加することが求められる。

Class participation (50%) and final report (50%). All students are expected to do the assigned reading of Japanese and/or English literature, and based on which, do presentations and participate actively in discussions.


授業での使用言語・その他

日本語及び英語

Japanese and English