戻 る
プレビュー

年度 2017 開講期 本年度休講 曜日 火曜日 時限 2 単位 2 コード 454
授業科目 言語教育と言語情報特論 I
専攻 国際コミュニケーション専攻
プログラム 言語教育と言語情報プログラム
教員 井土
目的・概要

この授業は言語接触に関する研究を概観することを目的とし、例えば日本語やトルコ語等の「個別言語」が、その名称が与える印象に反して、自己完結的でないことを、言語接触の実例を通して確認することを目標とする。その際、言語接触の多様なケーススタディの概観を通して、自立的研究・実務能力、および異文化理解に立脚した国際性を養うことを目指す。


計画
  1. 導入
  2. 概念と用語
  3. ドメインとダイグロシア/ポリグロシア
  4. 名詞、動詞、形容詞、及び語形変化の借用
  5. 統語の借用
  6. ピジン化、クレオール化
  7. (時間があれば)系統樹と言語接触

上記は予定であり、学生の進度や授業の進行に合わせ、変更を加える可能性がある。


テキスト・参考文献など

テキストは使用せず,配布物を使用する。 参考文献は授業において適宜指示する。


成績評価

授業への参加と学期末試験による。


授業での使用言語・その他

配布物はできるだけ日本語で作成している。