戻 る
プレビュー

年度 2017 開講期 後期 曜日 火曜日 時限 3 単位 2 コード 382
授業科目 国際文化協力論特論 Ia
専攻 国際協力専攻
プログラム 国際文化協力講座(協力講座)
教員
目的・概要
本講義では、東南アジアの文化的多様性と国際関係という2点に注目する。受講生各自が、自身の東南アジア像を再認識し、新たな問題関心を発見することが目的である。 This lecture deals with the cultural diversity and international relations of Southeast Asian region. The aim is to help students aware the image of Southeast Asia and discover the new problem interest.

計画
受講者にはインタラクティヴな授業への参加姿勢を希望する。毎回のリアクション・ペーパーを重要視し、必要に応じてリアクションの内容を講義中に紹介しながら、受講者の質問や要望に対応していくという形式をとる。特定の文献あるいはテーマについて、(人数に応じ個別かグループでの)プレゼンテーションを1度ずつ行う。 ①ガイダンス 講義の概要と授業の進め方。東南アジアとは? ②東南アジア地域概説 自然環境と歴史、民族と言語、プレゼンテーション1 ③東南アジアの宗教(1) アニミズムと世界宗教、民衆宗教 ④東南アジアの宗教(2) 仏教、イスラーム、キリスト教 ⑤プレゼンテーション2 ⑥東南アジアの国家と政治 ⑦東南アジアの開発と援助 ⑧プレゼンテーション3 ⑨東南アジアの観光 ⑩東南アジアの映画 ⑪プレゼンテーション4 ⑫東南アジアと日本(1) 第二次大戦以前と日本軍政期 ⑬東南アジアと日本(2) 日本の中の東南アジア ⑭プレゼンテーション5 ⑮講義のまとめ

テキスト・参考文献など
テキスト:毎回、配布資料を用意する。 参考文献: ①『東南アジア地域研究入門 2社会』宮原曉編、慶應義塾大学出版局、2017 ②『東南アジアを知る事典(新版)』桃木至朗他編、平凡社、2008 ③『入門東南アジア研究(新版)』上智大学アジア文化研究所編、めこん、1999

成績評価
リアクションペーパーや質問・発言による参加頻度40%、プレゼンテーション60%

授業での使用言語・その他
使用言語:日本語 連絡方法:azuma@lit.nagoya-u.ac.jp