戻 る
プレビュー

年度 2017 開講期 本年度休講 曜日 火曜日 時限 4 単位 2 コード 420
授業科目 異文化コミュニケーション論
専攻 国際コミュニケーション専攻
プログラム 人の移動と異文化理解プログラム
教員 坂部
目的・概要

 本講義では、異文化理解や地域研究にたいする社会学・人類学的アプローチとして、フィールドワーク(長期間の現地調査)とエスノグラフィ(民族誌)の展開についてとりあげる。フィールドワークとエスノグラフィは、「異文化」を内在的に理解するための方法論として発展してきた。一方、近年ではこうしたエスノグラフィ記述への批判が行われ、エスノグラフィの再構築に向けて多様な試みが行われている。ここでは、調査技法としてのフィールドワークとエスノグラフィの展開について理解を深めたい。


計画

①ガイダンス

②~⑤フィールドワークとエスノグラフィの歴史

⑥~⑫エスノグラフィ読解

⑬~⑮エスノグラフィの現代的可能性


テキスト・参考文献など

授業中に指示、配布する。本授業では代表的なエスノグラフィの読解に重点を置く。リーディングと報告に参加することが受講要件である。


成績評価

授業中の報告・発言・貢献度、期末レポートによって評価する。


授業での使用言語・その他

日本語

 

聴講生には基本文献の読解に参加してもらい理解を深める。