戻 る
プレビュー

年度 2017 開講期 本年度休講 曜日 木曜日 時限 2 単位 2 コード 325
授業科目 平和構築特論I
専攻 国際協力専攻
プログラム 平和構築プログラム
教員
目的・概要

The aim of "Peace building" is to research and analyze the normalization process of social system in post-conflict or post-disaster societies. This course focuses the relationship between "rule of law" and peace building process. In the lecture, we will read a monograph on human right and peace building process.

平和構築論は、武力紛争や甚大な災害などにより機能不全に陥った通常の社会システムの回復に関わる諸問題を考察する研究である。本講義では、法の支配と平和構築との関連を中心に考えるために、平和構築過程と人権について扱ったモノグラフを題材に講義を進める。
 


計画

We will read several books on the peacebuilding and "rule of law" in the course of lecture.
1. Introduction
2-3. History and background: Extention of peacebuilding activity and the importance of "rule of law" project.
4-8. Process of "rule of law" project (Simon Chesterman, You, The People, 2005, and, United Nations, Rule-of-law Tools for Post-conflict States, 2006, will be used as the reading materials.)
9-14. Conflict and Human rights: Human security (Peter Uvin, Human Rights and Development, 2004 will be used as the reading material.)
15. Conclusion

以下のように、平和構築と「法の支配」に関係する文献を読み進める形で講義を進める。
1.導入
2-3.歴史と背景:平和構築の拡大と「法の支配」プロジェクトの重要性
4-8.「法の支配」プロジェクトのプロセス(Simon Chesterman, You, The People, 2005およびUnited Nations, Rule-of-law Tools for Post-conflict States, 2006を使用する予定)
9-14.紛争と人権:人間の安全保障(Peter Uvin, Human Rights and Development, 2004を使用する予定)
15.まとめ

 


テキスト・参考文献など

See above

上記参照


成績評価

Preparation and attendance to lecture, and report

講義への準備および参加の程度およびレポート
 


授業での使用言語・その他

English

英語